事故交渉人 塩坪淳行

第1回 交通事故は突然!起こるもの

そんな時こそ、あわてず、あせらず、しっかりと!

1、事故が発生しました。始めに何をすればいいの?

 まず、お互いにケガはないか確認してください。
外傷がなくても、相手の言動がおかしい、意識がもうろうとしているなど感じた場合は、 救急車を手配してください。119番へTELを。

2、事故車両はそのまま停車させておいていいの?

 現場での状況で判断が必要となります。車の通りの多い道路では、  追随事故の危険性が高くなりますので、事故車両が動く状態であれば危険性の少ない場所まで移動してください。
 私有地へ移動させる場合は、できるだけ持ち主の許可を取ってください。
 事故車両が動かない状態であれば、後続車に停車している事がわかるようハザードや停止表示器材等を用いてください。
 この場合は、事故車両から離れた位置で待機していてください。

3、事故の連絡はどこへ連絡すればいいの?

 人身事故の場合はもちろんのこと、たとえ車両損害だけの事故であったとしても、  警察へ連絡してください。
 110番へTELを。警察の指示に従ってください。

4、保険会社・代理店等には、どのタイミングで連絡すればいいの?

 右記内容を済ませた後、事故当事者・事故車両等の情報交換をし、連絡してください。
 任意保険に加入されている場合は、保険会社が対応します。

○情報とは、お互いの氏名・連絡先(自宅・勤め先・携帯など常時連絡が取れる先) ・住所・加入保険会社・車名・ナンバー・車両所有者など。この内容は必ず確認するようにしてください。
○万が一の為に、車の中には常に1本えんぴつ等を入れておいたほうがよいでしょう。

この内容は、あくまで基本的な対応です。事故の状況により対応方法が多少異なる場合があります。 ご自身でなんとかしようではなく、そんな時こそ保険のプロへ報告、連絡、相談を。

2006.11
<目次へ