開運よもやま話

第1回 【手相】

    【てのひらの線の名称】
  1. 生命線 寿命・健康状態を表す。
  2. 頭脳線 頭の回転の早さを表す。
  3. 感情線 感情の起伏の状態を表す。
  4. 運命線 自分の思った事がどうなるかを表す。
  5. 太陽線 名声運・独立運を表す。
  6. 結婚線 恋愛・結婚等の愛情運を表す。
【手の出し方でわかるウィークポイント!】
@指を全部開いて出す!
明るい性格で、小さな事にこだわらないタイプです。 しかし、お金が入ると気前よく人におごり、“夜越しの金は持たない”と言った浪費家。 建築では工事の追加が多いタイプ。
A親指を開いて出す!
几帳面でしっかり者。ウソが大嫌いで、約束事はきちんと守るタイプ。 融通がきかない所がありますが、律儀な堅実家。建築では契約書通り工事が完了するタイプ。
B人指指と中指の間が、他の指よりも大きく開く!
自分勝手なワガママタイプ。 人の事はあまり気にせず、孤立しても自分の道を進む自己中心家。 建築では工事中に勘違いからトラブルが発生するタイプ。
C中指と薬指の間が、他の指の間より大きく開く!
いつも心は何を考えているかわからないタイプ。 外面は良いが家に帰ると言いたい放題外柔内剛家。 建築では業者とのトラブルから争いになりそうなタイプ。
D小指を開いて出す!
 一見ひょうきんだが、詰めが甘いタイプ。  何事においても自分の思ったことが最後まで言えず、恋愛ではこちらから「好き」とは言えない、はずかしがり屋。  建築では業者に言いたい事が言えないタイプ。
E5本の指をつけて出す!
 コツコツと努力し、又、物事をよく観察し、こまごましいタイプ。  何事も重箱の隅をつっつく程、キチンとしていますが、ちょっと付き合いにくい超整理整頓家。  建築では業者と打合せが多いタイプ。
【太田先生プロフィール】
(社)日本易学連合会認定鑑定士
建築設計士
大田昌和(おおたまさかず)
昭和33年3月12日生まれ

人間、運の良い人と付き合うと運がよくなると言う持論から、 家を造る人(運の良い人)と付き合える建築設計事務所で修行し、 独立後家相の重要性に魅かれ「易経」の世界に入り、自然宇宙との調和を家相の中に求めるようになる。
平成11年より『開運建築暦』を発刊し、独自の家相論を駆使し家相鑑定を行い、現在では、易者であり、 建築設計士でもあると言う肩書を生かして「家相講演」等で活躍中!

2006.10
<目次へ