kon_title.jpg

第8回 近藤君の本当のお仕事



 もう秋ですね。今年は「まつたけが安い」との噂も飛び交っていて、楽しみな今日このごろです。如何お過ごしでしょうか?

 今回は「近藤君」のお仕事についてお話しようと思います。「何で保険会社の人がアプロスに出入りしているんだ?」とか「何かあるんじゃないの?」とか感じる方もいらっしゃるかと思いますので、今回は「近藤君」の本当のお仕事について少しお話させて頂きます。
生命保険会社に属していますので、生命保険の販売をしてはいるのですが、本当の仕事はそこにはありません。それだけだったら、「近藤君」がいる価値が殆どないと言っても過言ではありません。

***********************************


数年前のある晴れた日のそよ風が心地よい、午後4時頃でした。突然、携帯電話が鳴り響いた。ご契約を頂いている奥様(30代前半)からだった。

「先ほど、主人、息を引き取りました。どうしたらいいですか?」一瞬頭の中が真っ白になった。なんて言葉をかけて良いのか・・・、なんて励ましてあげたらいいのか・・。結局なにも言えず、ただ「わかりました。すぐお邪魔させていただきます。」と答えるのが精一杯だった。その後の予定を全てキャンセルし、ご自宅へとお邪魔した。

 玄関にはまだご主人の靴が置いてあった。リビングにはスーツがかかっており、洗面台には歯ブラシがおいたままだった。通されたリビングには、奥様とお子さん(当時10ヶ月)と3人で仲良く写っていた写真が置いてあった。
「これからどうしていったらいいのか判らないんです。」そこは社宅だった。6ヶ月くらいは住めるものの、引っ越さなくてはいけない。
「主人の実家に行くべきか、この子とこっち(千葉)で暮らして行くべきか・・。」奥様の目から一筋の涙が流れていた。

 そこで、今後ソニー生命という会社からどのようなお金が支払われる予定かをご説明した。
「生前ご主人に住む所について尋ねたところ、こんなことを申しておりました。『僕は一人っ子だけど、万一僕になにかあったときは、住む場所は確保してあげたい。妻は田舎暮らしなどしたことがないし、子供も学校に行きだすと転校することになってしまう。それは避けたい・・。』と。 ですので、ソニー生命から、毎月の家賃として○○万円を口座に振り込ませていただきます。」
「その他に○○ちゃんについては、『自分に何かあったとしても学校は、大学までは出してあげたい。男の子でも女の子でも。』とおっしゃっておりました。 ですので、ソニー生命から、私立大学までの教育費として○○万円を支払わせていただきます。」
「他にもあります。奥様について尋ねたところ『働かなくても何とか食べていけるだけのことはしてあげたい』とおっしゃっていました。 ですので、ソニー生命から毎月の生活費として○○万円を口座に振り込ませていただきます」

 ・・・・・。全て説明が終わった。どの位だろうか、奥様はうつむいて涙を流されていた。

「それが主人が最後に残してくれた、私たちへの愛情であれば、私は主人の愛を受け止めてこれから一生懸命生きて参ります」

 僕の目からも涙が流れていた。

***********************************


ご主人を生き返らせてあげることはできない。 奥様の心の傷を癒してあげることもできない。でも、ご主人のご家族に対する思いを遺族の方にお伝えし、経済的な不安を取り除いてあげることはできる。 どの保険会社からお金が支払われようが、お金に代わりは無い。でも、そのお金はどんな意味を持っているのか、亡くなられた方が、家族に対しどう思っていたからそのお金が払われるのか。どれだけ家族を愛していたのか。というのが伝わらなかったら、価値は半減してしまう。 その伝道師として僕たちライフプランナーがいるし、存在する価値がある。

「ライフプランニング」とは、将来どう生きていこうと思うか。夢をかなえるにはどうしたらいいのかを考える事なのです。その思いをお聞きしないと僕たちは生命保険なんて作れません。家も同じだと思います。

 家を買うことが目的ではなく、買った家でどれだけの思い出を作っていけるか。どれだけ楽しく過ごしていけるか。その為に家を買われるのではないでしょうか?今後予想されるイベントや夢をその家を買って実現することができるのか。そのために「ライフプランニング」が必要なのです。

 先ほどお話したご家族は社宅のため引っ越されていきました。次の住む場所へ持っていくものと捨てていくものを選択してご主人との思い出がいっぱい詰まった家(社宅)から。
 家を買っていたら、ご主人との思い出を捨てることなく、そこに住み続ける(万一の場合は団体信用生命保険で借入が全額返済されます)ことはできたと思います。

是非、いい家を買って、思い出をいっぱい作っていってください。


2005.10
<前へ 目次へ 次へ>
*このサイトは住まいるたまごが運営しております。
 なお、「お金って、よーく考えよう♪」近藤君のマネー講座についてのお問い合わせは弊社ではお答え致しかね ます。近藤光寿氏にお願い致します。
 また、住まいるたまごでは生命保険の募集は 行っておりません。