簡単家事講座

第5回 IHクッキングヒーター その2

 前回に引き続き、IHのお話をしたいと思います。前回は火力の調節やタイマー機能が便利なことを紹介しましたが、揚げ物を簡単に出来る機能を紹介したいと思います。

 某牛丼チェーン店では、丼の具を調理するためにIHを使っていると聞いたことがあります。注文してすぐに出てきて熱々をいただけるのは、温度管理がカンタンなIHの導入が有ったからこそとききます。IHであれば温度を設定してしまえばそれをキープしますので、新人でも美味しい牛丼を出すことが出来るらしいのです。

 そして、家庭用のIHも温度を一定に保つ機能が付いています。メーカーや機種によって多少は違うと思いますが、我家のIHには揚げ物機能があって、揚げる物によって、温度を一定に保つことが出来ます。
から揚げだったら、180度にセットし温度が一定になるとアラームで知らせてくれるので、それから揚げ物スタート、この時揚げる物を入れすぎないのがポイント、まだ入る位の余裕を持つ事で、設定温度までの戻りが早いのでカラリと揚がります。その間、火力の調節はしません、温度が設定してあるのでIHが自動でしてくれます。
ガスで揚げ物をするとなると、入れるたびに火力を強くし、しばらくしてまた弱める...なかなか、面倒で難しい作業です。これがIHにはまったく必要なし!当然後片付けもカンタンです。五徳が無いフラットなので、拭くだけでキレイになります。

 先日海老フライで、実験をしました。下処理などは同じようにしっかりし、鍋に入れる量だけを変えてみました。余裕を持って入れたものは、カラリと形もキレイに揚がりましたが、鍋いっぱいに入れたものは、時間が掛かった為か、少し曲ってしまい、べシャッとした感じでした。面倒でも、一回に揚げる量を少なめにした方が、短時間で美味しく揚がるようです。
2005.7.26UP
<前へ 目次へ 次へ>