簡単家事講座

第9回 重曹を使ってみました。

 勝手に冬休みを取っていた「簡単家事講座」新年になり活動開始となりました。読者は少ないようですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 季節的には、12月初旬にでも載せればよかったのですが、重曹を使ったお掃除の実況をお送りします。
 「環境にやさしく」なんて事が多く叫ばれている中、昔からの掃除方法が注目を浴びていて、書店でも沢山の重曹関係の本を目にしたと思います。
そこで、実際に使ってみました!重曹で本当に汚れが落ちるのか、使い勝手はどうか!どうぞ、ご覧下さい。
焦げ付いたオーブンレンジ内登場いたしましたは、我家のオーブンレンジ内部です。
フラットタイプで、ラップ不要の一番一般的なもの、気づけば食品の飛び散りが焦げとなっている...
重曹&スポンジ そこで本日の主役、重曹とスポンジ!
重曹は二個100円の容器に保存してます、ふたをぱかっと開けて、パッパとふれるタイプです。
スポンジはいたって普通の食器洗い用の硬いほうを使います。
さぁ拭きますよ! 水を含ませ硬く絞ったスポンジに重曹をふりかけ準備OK!
焦げが取れた! 焦げ付きの上をこすります。
重曹を使っているとすべりも良く、滑らかな感じでこすれます。
焦げが取れて重曹に色が移っているのが分かるでしょうか?
仕上げの水拭き 仕上げに水ぶきで終了です。
洗剤と違って余分な泡も立たないので、ふき取りも簡単ですし、万が一残っても体に害が無いので安心です。
ピッカピカ( ̄ー ̄)v どうです、キレイになったでしょう!
今回は、分かり易いように、白い部分だけやりましたが、庫内全体をやると驚くほど汚れが取れます。
シンクなどの汚れもこれと同じ要領でOKです。(汚れが少なければスポンジの柔らかい面で)

今回は、重曹を使った一番一般的な掃除方法を載せてみました。機会があれば、他の重曹活用法もお送りしたいと思います。

重曹入手方法
ドラッグストア、ホームセンターなどで普通に売られています。用途によって純度が違っています、当然価格も違ってきます。
当然、食用のものは高くなります。掃除などに使うものでしたら、500g300円前後で手に入るかと思います。
2006.1.12UP
<前へ 目次へ 次へ>