あなたの知らない尾瀬があります「木道散歩」

第1回 尾瀬の冬支度

「尾瀬の今」は、長い冬に向けての準備作業が進められております。
真冬の「尾瀬が原」周辺は、3m以上の積雪があるため、雪の重みで、 山小屋、湿原に架かる橋が損傷してしまわないよう山小屋の扉に防雪板の設置、 橋の渡り板の撤去作業が進められています。山小屋では軒下へ補強用の柱を立て、 窓や扉には防雪板(雪囲い)の設置等を行います。また、ヨッピ吊り橋では渡り板の撤去及び手摺ワイヤーを緩める作業を行いました。
そして、このまま来春まで、尾瀬は静けさに包まれます。
今年も多くの皆様を多数の草花で楽しませてくれた尾瀬。今は、行きかう人々もなく静かに冬の訪れを待っています。
来春、色とりどりの花を咲かせ尾瀬を訪れる皆様の目を楽しませてくれるまでつかの間の休息に入ります。
東電小屋二階窓の防雪板設置作業
ヨッピ橋渡り板撤去作業
東電小屋玄関の防雪板設置作業
2006.12
<目次へ