突撃!レポート

第3回 クリスマス目前、クリスマスリース作り

 交通公園が近いマンションの一階、大きなカシの木とトチの木が目印の「花屋ねこじゃらし」さんにで、  クリスマスリースを作ってきました。
 今回作ったリースは、オアシスなどの吸水性スポンジを使ったものではなく、  サンゴミズキで作った土台に、ヒムロスギ、クジャクヒバをワイヤーで固定したヨーロピアンな物です。
最初に、サンゴミズキを丸くしてリースの元を作ります。三本使うのですが、 一本目はすごく簡単に形に出来たので「私って上手いじゃん!」と、 いい気になって二本目を巻きつけたとたん、ポンッと、見事にほどけてしまい、三本巻くのに悪戦苦闘! 苦労の末完成した物を軸にして、ヒムロスギ、クジャクヒバをバランスよく固定します。
今はみずみずしくて量もあるけど、乾いて減る事を考慮しながら、しっかりとボリュームを出し、均等に巻きつけます。 スギとヒバを手にとってはワイヤーで固定する。時間も忘れて、ひたすら続ける...この作業が一番長かった。
努力の甲斐あって、土台も見えなくり多少歪ながらもリースが完成し、お楽しみの飾りつけです!
松ぼっくりと、丸い飾りをワイヤーで固定し、リボンを掛けてめでたく完成となりました。最後は早い!! 作業自体は、単純でさほど難しい物ではないけれど、慣れない事だけに、完成まで約2時間かかりました。
リボンと松ぼっくりはお店が、丸い飾りは、私が100円ショップで用意しました。 好きな物を自由に飾って完成させるスタイルで、決まりきった事は特別ありません。 それだけに、人それぞれ違った作品が出来楽しいそうです。
完成後も自分で手を加えて飾りを換えたり出来るし、長く楽しむ事が出来るので一度作ってみてはいかがでしょうか?

講習費1,000円、材料費2,000円(作品によって前後します)、一回約二時間で、季節に合った作品を作ることが出来ます。 なお、受講の際は予約が必要です。
12月前半まではクリスマスリース、後半からはお正月向けの作品を作ることが出来ます。
お手軽度★★★★☆
満足度★★★★★
価格★★★★★

協力
花屋ねこじゃらし
所在地
群馬県前橋市西片貝町5-4-8 エル・アルカザール小池101
電話
027−223−8686
ファックス
027−223−8714
営業時間
AM10:00〜PM20:00
定休日
木曜
案内図
苦労の末完成したリース


2006.11体験
<目次へ